<< アフガン政府、タリバーン元幹部と面会 和 | main | ラブプラス』次回作に向けた"呼び名"投稿 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.06.22 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    浜岡原発、工事中の防波壁公開 最上部は標

    0
      浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)で津波対策を進めている中部電力は28日、12月の完成をめざす防波壁の製作過程を公開した. 壁面の組み立てを担当する静岡市清水区のJFEエンジニアリング清水製作所を同日午前、御前崎市の石原茂雄市長が視察した. 完成すれば、最上部が標高18メートルに達する防波壁は、現在、原発敷地内で基礎部分の工事が進む. 本体工事は3月下旬に始まる予定だ. 壁は、標高6~8メートルの原発敷地内に長さ1.6キロにわたって建設される. tranarterre 同製作所で造った箱状のパーツにコンクリートと軽量モルタルを流し込み、現地で組み立てるという. ババッグッグ プラダ 石原市長は、地中に埋まる部分も含めると約14メートルの高さとなる壁を前に、構造や強度の説明を受けた. ルブタン メンズ 中部電では、防波壁の建設のほか、非常用電源や冷却システムの複数系統化など30項目の津波対策を進めており、総費用は約1千億円を見込んでいる.

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.06.22 Saturday
        • -
        • 16:10
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM